滋賀の旅・伊吹山登山、再び

伊吹山セピア大学時代撮影

滋賀県最高峰の霊峰・伊吹山

読み方は、「いぶきやま」が正しいらしいが、

「いぶきさん」と呼んでもOKらしいです。

滋賀県と岐阜県の県境にあり、伊吹山の中でも滋賀県の部分と

岐阜県の部分があるそうで、ややこしいですね。(^_^;)

上部に貼付した写真は、大学時代に滋賀県を旅した時に

撮影したものです。

コンパクトカメラのセピア写真モードで撮影したデータが

いまだに残っていたので、せっかくなんで貼付してみました。(^ω^)

この写真は、冬か春に撮ったものだったかな?(うろ覚え ゴメン…)

これ以降に貼付していく写真は、今年の9月に撮影したものなので、

まだ新しいですよ。

過去に一度、伊吹山には行っているので、今回は「再び」という事です。

伊吹山の標高は約1,377メートルです。

かなり上の方まで、「伊吹山ドライブウェイ」を使って自動車等で

登る事ができるので、登山初心者でも簡単に頂上まで辿り着けます。(*^_^*)


伊吹山靴洗い場

伊吹山靴洗い場コメント

・・・だって、伊吹山の駐車場に停めて、

真っ先に目についたのが、この「靴洗い場」だったんだから

仕方ないだろ(笑)

タワシに盗難防止の為か、ちゃんと鎖が付けてあり、

勝手に持っていかれないようにしてありました。Σ(・ω・)!

とりあえず、晴天という事もあってか誰も利用している人は

いませんでしたね・・・。(^_^;)

登山時に靴へ付着したドロ等を落とすのに便利な場所ですね☆


伊吹山立て札

おっと!登山道を進んでいったら、

こんなステキな木の立て札が!

登山してるって感じでイイですね (*^_^*)

全年齢の方に合わせての到達時間なので、

健脚の方なら、ここから山頂まで10分かからない、と思います。

僕は時間的な都合で早歩きで進んでいたので、

この立て札から、5分チョイで山頂まで行けました。


伊吹山中間展望台01

あの「木の立て札」には、「びわこ展望台 80m 1分」

と、書かれていました。当然、行くでしょう!

何故か「びわこ」の表記がひらがな・・・これも全年齢の方に合わせて

親切な表記なんでしょうね。

早速、行ってみましたが・・・すごい逆光で琵琶湖方面の写真が上手く撮れない!

「びわこ展望台」なのに、琵琶湖の方が撮れない!何てこった!

とりあえず落ち着いて、逆光じゃない方をパシャリ!

それが上記の写真です。

伊吹山琵琶湖展望台

ダメもとで何枚か撮影しましたが、

その中の1枚を見てみると・・・良かった!上手く撮れてた!

気持ちの良いぐらいの晴天なので、逆光がハンパなかったのですが、

上手く撮影できたモノがありました。(^_^)v

伊吹山中間展望台の謎の木の壁

「びわこ展望台」から奥に行くと、

何故か木製の壁みたいなモノが設置されていた・・・。

何のために?ウーン、謎ですね・・・(^_^;)


伊吹山山頂を目指して

「びわこ展望台」から戻り、立て札の分かれ道をいよいよ山頂の方へ!

遥かなる頂上を臨む!って感じですかね♪

伊吹山山頂まで5分コメント

・・・はい。遥かなる、どころかスグに到着しましたね。(^_^;)

写真の不思議で、遠くに頂上があるように見えちゃいますよね。


伊吹山山頂からの展望01

ついに頂上まで到着!

雲が自分と同じぐらいの高さにあって、壮観ですね!

伊吹山山頂の石碑

山頂にある石碑です。

こんな高いところにある石碑って、貴重ですよね。

建てた人たち、大変だったろうな。本当にご苦労様です。

伊吹山三角点

伊吹山の一等三角点です。

「三角点」とは、測量する時に、標高や経度・緯度の基準となる地点の事です。

その山の一番高い地点とは限らないです。

基本的には、その山の最高地点付近で見晴らしの良い場所に設置されます。


伊吹山コレより先危険

山頂を散策していると、こんな注意看板が!?

なになに・・・『これより先危険箇所有り!』だと!

行っちゃダメなのか!?

よく見ると・・・『登山靴などの装備がない方はご遠慮ください!』かぁ。

僕が履いているのは、ミニマラソンに出た時の「ランニングシューズ」だが、

この靴とは、いろんな岩場をも乗り越えてきた信頼性がある。

滑り止めもしっかりしてるし、そこそこ高機能な靴なのだ。

「・・・よし、行こう!」

柵の扉を開けて、あえて先に進んでみました (^_^;)

【注意!】

完全に自己責任です!普通のシューズな方は、

マネしないよう、しっかりと登山靴で挑戦してくださいね!!

伊吹山山頂奥からの展望01

柵の向こうの道は、それまでの道と比べて荒れており、手入れはほぼされていないので、

歩きにくいです。だからこそ、あんな注意看板があったのでしょうね。

しかし、それまでの道が穏やかであっただけであって、

僕の実力であれば、特に危険でもない道ではありました。

奥の見晴らしの良い場所から1枚撮影しました。

【再度注意!】

僕の靴は登山用ではありませんが、そこそこ高価で高機能なシューズです!

普通の靴では、道が少し荒れているのでコケる可能性もあります!

「誠一文字が大丈夫なら、俺も大丈夫だろう」とは思わず、

ちゃんと登山する時は、登山靴を履いてくださいね!

伊吹山は登山装備なくても、普通に登れる山ではありますが、

あくまで自己責任になります!

その奥には、古い石の鳥居や地蔵がいくつかありました。

せっかくなので、ちゃんとお参りさせて頂きましたが・・・。

あんな注意看板があったら、家族連れは来れないだろうな。(>_<)

興味のある方は、ぜひ行ってみてくださいね。


如何でしたでしょうか?

小学生ぐらいのお子様を持った家族連れの方も、

たくさん頂上に来ていたので、

お子様の初めての登山にも

伊吹山はオススメできるスポットです♪

運動不足解消や、自分探しの旅にも

伊吹山の登山はオススメですよ。(*^_^*)


滋賀県最高の霊峰・伊吹山について、もっと知りたい方へ

楽天と提携しているオンライン書店からの商品で、オススメの一冊があります。

伊吹山案内 登山と山麓ウオーキング/草川啓三【1000円以上送料無料】

価格:2,052円
(2017/11/19 10:38時点)
感想(0件)

上記の画像をクリックorタッチすると、楽天の購入ページへジャンプします。

1,000円以上は送料無料なので、税込みで2,052円ですね。

登山前に予備知識として読んだり、登山後に人生の思い出として読み返したり、

色々と活用できると思います。

伊吹山に興味のある方は、購入してみるのも良いかと。(*^_^*)




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です