国宝の城郭・松本城を訪れてみた

松本城入り口近くから一枚目

5つの国宝城郭のうち、僕が人生で4番目に訪れた長野県にある松本城

今までのお城も素晴らしかったが、「松本城」は一際異質な景観を持った城でした。

松本城二枚目

別名で「烏城」と呼ばれるだけの事はありましたね。

『事前情報は最低限の方が楽しめる!』

と思って、あまり写真等を見ていない状態で旅に出たのですが、

『「烏城」の異名を持っていたとしても、まさか真っ黒ではあるまい』

と、そこまで期待はしていませんでしたが・・・!

なるほど!黒と白の芸術作でしたね!Σ(゚Д゚)


松本城埋橋

「埋橋」と呼ばれる赤い橋。

渡れそうに思えるが・・・橋の入り口に「立ち入り禁止」の看板が!

理由は書いてなかったが、橋の保存の為だろうか?

とりあえず、渡れないならば橋の入り口から一枚パシャリと。(^_^;)


松本城四枚目

今まで色々なお城を見てきましたが、

明らかに色彩が違いますよね。

おそらく一目見ただけで、

『この白黒は・・・松本城だ!』

と、わかってしまうでしょう。


松本城正面五枚目

正面から撮影できる場所へ行き、撮影してみました。

松本城正面六枚目

拡大して撮影。

スマホなんで、あまり拡大してしまうと、

画像が荒くなってしまうので、そうならない程度にアップしました。

うーん、やっぱりこの城は、正面よりも少し斜めの角度から撮影した方が

素晴らしいですかね。(^_^;)

真正面からだと、他のお城との見た目の差が、

少し霞んでしまいます。


松本城七枚目

ねっ!斜めからの角度だと、さらに素晴らしくなるでしょ?

まさにオンリーワンのお城ですね。

(僕が知らないだけで、全国に似たようなお城があったら、ゴメンナサイ)(m´・ω・`)m 

しかも、今まで見てきた城は、山の上に建てられている事が多かったのですが、

「松本城」は、平地に建てられています。

現存12天守のうち、唯一の「平城」だそうです。

「平城」とは、読んで字のごとく、平地に建てられた城、の事です。(*^_^*)

松本城松の道八枚目

赤い橋「埋橋」が何故か立ち入り禁止である以上、

両端に松の木が並んでいるこの道が、城への唯一の道です。


さて、今回は松本城が異質な輝きを持っていたので、

城自体の写真が多めになってしまいましたが、さすがに見慣れてしまいましたよね?

それでは、気休めにお城のお堀に棲んでいる生物たちもご紹介しましょう。

まずは、お堀の魚で定番のコイですね!

観光客の多い松本城なので、コイも人馴れしすぎていました・・

僕が近づいたら、すぐに「エサをくれ!」とでも言わんばかりに、

口をパクパクし続けています。Σ(・ω・ノ)ノ!

なんて警戒心のないコイなんだ。(^_^;)

松本城に飼われている、と言っても過言ではないな。(笑)

いつものごとく、エサを持ち合わせていない僕は、

エサくれアピールに対して余裕のスルーです。

(m´・ω・`)m ゴメン…

っていうか、たぶんエサあげるの禁止されているんじゃないかな?

気になる方は、「松本城管理事務所」に電話して確かめてみるといいかも。

とりあえず公式サイトには、「本丸庭園内の飲食物持ち込み禁止」と記載があり、

内堀の外周に関しては禁止されていない為、判断に迷いますよね。(^_^;)



コイ以外にも、こんな素敵な白鳥と、小さなマガモがいました♪

コイ同様、警戒心のカケラもありません。

近づいても、逃げないですよ。(^_^;)

野生化した外来生物に襲われないといいんですけどね。

まぁ、人気の多い松本城なら、

危険な外来生物を持ち込まれたりしないでしょうが。


松本城提灯

さすが松本城。

こんな大きな提灯に、

大きく「国宝」である事をアピールしてますね。(^_^;)

松本城松の木

松本城公園内にあった大きな松の木です。

松本城松木の拡大図

至近距離で、さらに拡大して撮影。

写真ではわかりづらいですが、かなり大きな松の木でしたね。

樹木も曲がりくねっていて、奇妙でした。(*^_^*)


松本城太鼓門

「太鼓門」と呼ばれる松本城の城門です。

珍しいカタチをした城門らしく、当時は敵からの侵入を防ぐ為に

様々な工夫が施されていたそうです。

当時は、緊急時に備えて鐘と太鼓がこの門の台上に備えられていたそうな。

だから、「太鼓門」なんですね。(*^_^*)


松本城と埋橋の九枚目

如何でしたでしょうか?

これからの時期は、雪に覆われる地方なので、

訪れるのが大変になりそうな「松本城」ですが、

その景観は、時間をかけてでも行って見るべき価値のあるお城です!

それに、冬にしか見られない雪の積もった松本城も、

とても素晴らしい姿を魅せてくれる事でしょう。(*^▽^*)


「松本城」のある「長野県」名物と言えば、やっぱり「信州そば」!

日本全国の人気食「そば」のルーツは、昔の「信州」、

つまり現在の「長野県」にあるという説が有力です。

その中でも「信州そば」とは何か?

信州そば店の天ぷらそば写真

この「天ぷらそば」は、別の記事の取材で、長野県に行った時に、

有名な「信州そば店」で撮影したものです。

さて、話を戻しまして、「信州そば」とは、

信州つまり長野県で作られる「そば」のうち、

「そば粉」を40%以上配合した良質の「そば」を、

「信州そば」と認定しているようです。

そばの栽培は、高度が高くて涼しい土地が好ましいので、

まさに「長野県」はドンピシャでしょうね!(*^_^*)

信州そば賞味長持ち写真

美味しそうな「信州そば」に興味が沸いた皆さんに、

オススメしたいのが、この【信州そば 乾麺 特製そばつゆ付き 10食分】です!

信州そば 乾麺 八幡屋磯五郎(七味唐辛子) 特製蕎麦つゆ付 10食分 5袋

価格:2,980円
(2017/12/27 07:48時点)
感想(9件)

「信州そば(乾蕎麦)」×10食分、「七味唐辛子」×7g、

「信州のそばつゆ」×200mlのセットで、

送料無料の税込み2,980円というお値打ち品です!

興味がある方は、ココをクリックorタッチして、

【楽天市場】の「信州発そばぶるまいサイト」を確認してみてくださいね!

僕も大好きな「信州そば」!ぜひ試してみてください☆







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です