日本で五つの城のみ・国宝の天守【彦根城】をゆく

彦根城の真下接近から撮影

日本国内で天守が国宝に指定された五つの城(松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城)

そのうちの一つで、滋賀県彦根市に存在する【彦根城】

このサイトで紹介する国宝の天守では、いよいよ4番目のお城ですね。

最後の松江城には、まだ一度も行った事がないので、来年こそは出雲大社と共に、

旅が出来たらなぁ、と思います。(中部地方から、山陰の島根県はさすがに遠い!(≧◇≦))


彦根城の土産物屋のひこにゃん

「彦根城」は、老若男女問わず、とても人気の高い観光スポットです。

何故かというと、写真に写っている【ひこにゃん】の存在が極めて大きいでしょう!

近畿や東海などの近隣の県では有名な「ひこにゃん」ですが、

「ひこにゃん」って何?って思ってしまった全国の皆さんの為に、

解説いたしましょう!

「ひこにゃん」とは、2007年に彦根城の築城400年目を記念して、

「彦根城築城400年祭」を開催しました。

その祭りのイメージキャラクターとして、この世界に登場したのが、

この「ひこにゃん」だった!というワケです。(^_^;)

知っている人も多いかと思いますが、あの「ゆるキャラ」ブームのキッカケとなった

大人気のマスコットキャラクターになりました!

江戸時代の白い招き猫伝説をモデルとしていて、

過去に実在した白猫がモデルになっているので、

キャラの誕生背景もしっかりしており、

その白くてユルい見た目から「モチ」とまで呼ばれたりする、

愛くるしい人気キャラとなりました。

祭りが終わった現在でも、彦根市のマスコットキャラとして、

彦根城周辺を中心に大活躍中なのです。(*^▽^*)


彦根城の堀02

彦根城の堀と電波塔

彦根城のお堀です。

近くに、電波塔がある建物が見えますね。

彦根城の堀と紅葉

彦根城の堀とマガモ

もう12月だというのに、奇麗な紅葉ですよね。

お堀の水面に映った色鮮やかな木々と、たくさんのマガモがいる風景は、

なかなか絵になります。(*^_^*)


彦根城の甲子園出場記念碑

滋賀県立彦根東高校が、「第81回選抜高等学校野球大会21世紀枠」、

「第95回全国高等学校野球選手権大会滋賀県代表」として甲子園に出場した記念碑。

何と!今年の甲子園も「第99回全国高等学校野球選手権大会滋賀県代表」として出場し、

念願の甲子園初勝利を掴み取った!そうです。

えっ!?『何で「彦根城」の記事から急に高校の話になったんだ?』

って、疑問に思いましたか?

驚くべきことに、彦根城公園内に「彦根東高校」があるのですよ!

ちなみに、「滋賀大学」も彦根城公園の隣にあります。

彦根城公園を歩いていたら、彦根東高校の校門があって、

普通にそこから記念碑が見えたので、撮影しちゃいました。(*’ω’*)


彦根城の紅葉と落ち葉

さすがに12月です。

紅葉の多くが落ち葉となって、地面を賑わせていました。

思えば今年はいろんな紅葉スポットに取材へ行ったなぁ。(*^_^*)


彦根城の人力車の武者

おっと!10年前の「築城400年祭」はわかるけど、今年は「410年祭」なんだ!?

10年ごとに記念祭りをやりそうですね。(^_^;)

犬山城でも見かけましたが、人力車がいますね。

しかも、鎧を装備した武者の恰好だ・・・。

名古屋城犬山城にもいましたが、お城の観光事業で働く方たちは、

本当に大変ですね!もちろんいろんな意味で(^_^;)

こんなに目立ってまで働いて、せめて時給が3ケタではない事を切実に祈りたい。


彦根城の橋

公園内から、いよいよ彦根城へと向かう橋です。

彦根城のひこにゃん登場立て札

橋の入り口の立て札に、「本日のひこにゃん出現場所」が書いてありました(笑)

彦根城での「ひこにゃん」のイベントは、本当にオススメらしく、

過去にそのパフォーマンスを見た方たちから、驚くほど絶賛されているので、

彦根城を訪れた際は、ひこにゃんショーを見るのがオススメです!

え、僕?時間が合えば見るつもりだったのですが、

彦根城以外の取材にも行かなければならなかったので、

残念ながら、今回は見てないです。(´・ω・`)ショボーン

いつか、そのショーを見る為だけにでも、訪れてみたいですね。(^_^;)


彦根城の石垣01

城へ向かう途中の、壮大な石垣です。

「彦根城」は、苦労人だが世を渡り切った戦国大名「京極高次」の「大津城」

豊臣政権五奉行筆頭「石田三成」の「佐和山城」

悲劇の戦国大名「浅井長政」の「小谷城」

「信長」に攻められて「六角家」が逃走した為に廃城となった「観音寺城」

まだ信長の家臣だった頃の「羽柴秀吉」が初めて築いた居城である「長浜城」

石垣や城の材料を移築して建築されたのです。

まさに現代風の考え方で、一から造り上げるには大変すぎる築城行程の

大きなコスト削減を実現しています。(*^_^*)

もちろん「彦根城」だけではなく、「名古屋城」「姫路城」等も、

他のお城からの移築により築城された、といわれています。


彦根城のひこにゃん記念撮影プレート

この先は有料かぁ・・・ん?料金所前の広場に、

またしても「ひこにゃん」が!

どうやら記念撮影用のプレートのようです。

休日には、多くの家族連れにより、パシャパシャと撮影される事でしょう(笑)


彦根城の城内渡り橋

彦根城の渡り廊下と木橋が合体した「廊下橋」というスポットです。

橋の下にも上にも、たくさんの観光客がいましたね。

平日なので、老齢な方たちがほとんどでしたが。(^_^;)


彦根城の櫓

木橋を渡って、櫓をくぐれば、

もうすぐいよいよ彦根城天守の入り口が見えてきます。


彦根城の至近距離から撮影

ようやく到着しました「彦根城の天守」

かなり接近して撮影してみました。

彦根城の正面撮影

正面からも撮影してみましょう!

コンパクトで奇麗なお城ですが、「松本城」「姫路城」に比べると、

かなり小さめですね。

観光ツアーで来ていた年輩の方も、

『意外と小っちゃいな!』

と、叫んでいました(笑)

でも、「犬山城」もこれぐらいのサイズだったかな。

近くで眺めると小ぶりでしたが、奇麗なお城ですよね☆


「彦根城」は、「ひこにゃん」関連の写真もありましたので、

記事と掲載写真が予定より多くなってしまいました。(^_^;)

なので、この続きは次回に続編の記事としてアップして

いきたいと思います。(*^_^*)

追いがきとして、下記に「彦根城の銘菓」を紹介しているので、

ぜひ続けて見てみてくださいね!


徳川四天王「井伊直政」を藩祖とした彦根藩三十五万石にちなんだ銘菓!

「小牧・長久手の戦い」「関ケ原の戦い」で大きな武功を立てた「井伊直政」は、

「家康」に仕えて大活躍した四人の武将「徳川四天王」といわれる武将の一人でした。

四天王のうちの一人には、あの戦国最強の武将といわれる「本田忠勝」もいます。

もちろん戦国最強など確実には決めようがない事項であるので、

「真田幸村」のように戦闘部隊の指揮官として最強と呼ばれたり、

「上杉謙信」のように部隊指揮、軍隊の戦術ともに秀でているので最強と呼ばれたり、

個人的な武術の腕であれば、多くの敵を槍で倒しまくった「可児才蔵」

最強の武将と呼ぶ場合もあります。

「本田忠勝」の場合は、57回にも及ぶ戦場に参戦し、

「家康」を助けながら、無傷で大活躍した武将であり、

戦国時代最後の勝利者である「徳川家康」の軍隊中最強と呼ばれる武将だから、

最強の武将と呼んでも、過言ではないですよね。


・・・おっと、記事が彦根城から遠ざかってしまいましたね。(^_^;)

「徳川四天王」で最も苛烈な突撃をした武将「井伊直政」の活躍により、

彦根藩を任された井伊家三十五万石にちなんで、

丁寧に作り上げられた「彦根銘菓 三十五万石」



甘くて美味しい小豆で作られた「つぶあん」に、

近江米の「やわらかなモチ」を、米俵のカタチをした「もなか」で包んだ、

すごく美味しいお菓子ですよ!

僕にとっては故郷の近くにある企業なので、

親しみ深い鉄道会社「JR東海」が運営するネットショップ「いいもの探訪」で、

大好評絶賛販売中です!

興味があれば、上記に添付した画像をタッチorクリックして、

ショップのサイトを見てみてください!(*^▽^*)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です