【トヨタの旅シリーズ第3弾】「豊田市美術館」の旅・Part1

とよた美術3-2の美術館前噴水

【トヨタの旅シリーズ完結編】の最後のスポット、

「豊田市美術館」の旅です(*^_^*)

シリーズ完結編とはいっても、

いつもの如く写真を撮りすぎてしまったので、

記事が二回にわたってしまうのですが・・・(^_^;)


とよた美術2-2の美術館入り口の石のロゴ

石の壁に上手く造られている豊田市美術館のロゴ。

思わず触りたくなっちゃいますね(笑)

とよた美術2のポスター

コレもいつもの如くなんですが、

この度は春先の事なので、(ヤバい、もうすぐ一年遅れの記事になっちゃう)

現在は、このポスターの内容ではなく、

新しいテーマになっているので、あしからず(^_^;)

前日などに雨が降ったので、ポスターの端っこが

湿気からか、めくれかけてるのが気になっちゃいました(;^ω^)


なんか美術館の隣に城があった!

とよた美術1の挙母城

正式名称は「挙母城(ころもじょう)」というそうです。

かつては、「三河」「尾張」「美濃」「信濃」「伊賀」「伊勢」「近江」

昔の七つの国が見渡せる高台に建てられた城である事から、

「七州城」という別称の方が有名だったそうです。

とよた美術1-2の挙母城

『ヤケに新しそうな城だな・・・』

と思った方!正解です(笑)

昔の城は明治時代に廃城になっているので

このお城は1977年に再築された城です。

そりゃ新しくて奇麗ですね


美術館前広場にて

とよた美術3-3の美術館前の警備員

とりあえず今回のメインは城よりも美術館なので、

一旦は城にバイバイして、美術館前広場に来ました。

この大きな壁の前で、ひったすら立ち尽くしている警備員さんの

シュールさ・・・なんか撮影しちゃいました(笑)

頑張れ!シュールさに負けるな!警備員さん!!

とよた美術3の美術館前広場

美術館前には噴水もあり、

近くの庭には春なので、満開の桜が咲いている、という風景です。

とよた美術4の入り口前広場のモニュメント

桜の庭の近くに、

古代ギリシャを彷彿させるようなモニュメントが!

この雰囲気を察してか、僕以外のお客さんも、

コレを撮影してましたね👍

とよた美術4-2の入り口前モニュメント

見た感じの第一印象は・・・サビた円錐!?


美術館2階の庭も広かった!

とよた美術4-3の入り口前の鏡のモニュメント

美術館の二階の外には、

こんな感じの不思議な鏡のモニュメントが!

さすがはミュージアム!不思議な光景を魅せてくれます(*^_^*)


とよた美術6の広くて浅い噴水

おっふ!二階にもこんな広い噴水が!

とよた美術7の入り口前の不思議なモニュメント光景

鏡が織りなす不思議な光景だ。

とよた美術7-2の入り口前の不思議モニュメント

これまた不思議な光景を魅せてくれるモニュメント・・・赤いなぁ(笑)

とよた美術7-3の鏡のモニュ2

またまた鏡のモニュメント!


月面をイメージした不思議な空間!

とよた美術8の月面一歩

美術館の2階にある屋外のスポット。

「月面一歩」という名の作品だそうです。

うーん、芸術に疎い僕だから仕方ないかもしれないが、

コレを見ても月面は思い浮かばないけど、

とても不思議な空間である事は認識できます👍


豊田美術館を、じっくりと楽しみたい方には!

ルートイン豊田陣中の写真

芸術を楽しむ豊田市美術館、スポーツを楽しむトヨタスタジアム、

巨大企業を楽しむTOYOTA本社の観光にも便利なビジネスホテル!!

何といっても安くて奇麗!しかも最上階には展望大浴場があり、

豊田の街並みを一望できるという、素晴らしいオマケ付きです(*^▽^*)

安くて便利な「ルートイン豊田陣中」、本当にオススメです👍


とよた美術8-2の水辺のモニュ

人口の水辺に浮かぶモニュメント・・・これも作品の一つだそうです。

それでは、結構な数の写真を掲載しましたので、

美術館の記事は、次回に続きまっする!(^_^)v


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です