神秘の青に架かる吊り橋【寸又峡・夢の吊り橋】の旅!PARTⅡ・~完結編~

投稿者: makoto-itimonji 投稿日:

静岡の秘境!「寸又峡」にある
青の絶景【夢の吊り橋】の旅、
パートⅡにして完結編!
早速やっていこう、と
お、お、お、思いまっす!👍

後に旅する事となる
同じ静岡の絶景スポット
『三島スカイウォーク』とか
すっげえ大型の吊り橋ならともかく

この『夢の吊り橋』のような
ザ・吊り橋!といった感じの
昔風の吊り橋の場合、
やっぱり一度に大量の人が
渡っちゃうと、橋が重さで
落っこっちゃう可能性があるもんな!

まぁ、そんな感じだよなぁ。
それにしても、静岡県って
全国的に有名な吊り橋が
二つもあって、
吊り橋好きな人たちには
パラダイスのような県かも(笑)


夢の吊り橋を撮影!


うーん、まさに吊り橋
橋の下の湖面も神秘的な青色で
まさに非日常の光景ですねッ(*^▽^*)

吊り橋の真ん中で
真っすぐに撮影してみました!

吊り橋を渡っている最中に
足元を撮影!!

この光景も素敵でした


夢の吊り橋を渡り切って、展望台へ!

夢の吊り橋を渡った後は
こ~んな感じの山道を登り
「尾崎坂展望台」へ向かいます👍

展望台への山道の途中、
夢の吊り橋が見下ろせる
撮影スポットを見つけたので
撮影しておきました。

さらに上からの道からも撮影!

展望台に到着~!!

あ、ちなみにこの展望台からは
夢の吊り橋はほとんど見えないので
そこんとこヨロシク!

その代わりといってはなんですが
展望台には、昔の列車が展示されてます👍

意外にも少しカラフルな列車ですが
歴史を感じさせるほどに
風化しているので、
哀愁的な趣きを感じさせます(*^_^*)

展望台からの眺め・・・。
圧倒的に山!って感じ(*^_^*)

青いダム湖も見下ろせます!


帰り道に飛龍橋を渡る!

夢の吊り橋→尾崎坂展望台→飛龍橋
といった感じに帰路に着き、
飛龍橋の手前まで来ました。

飛龍橋の傍らに咲いている
白くて小さな花が綺麗でしたね(^_^)v

さて、飛龍橋を渡っていこう!

飛龍橋を渡り切った後、
その帰路にて飛龍橋自体を
撮影してみました👍

おおっ!夢の吊り橋が綺麗に見える
撮影スポットが帰路にもあり!!

ズームで撮影!!

遠くから見ても、
まさに「吊り橋」!
といえる『夢の吊り橋』です(*^▽^*)


夢の吊り橋の旅で宿泊するなら!「飛龍の宿」!

秘境にある美女づくりの温泉・・・
「寸又峡温泉・飛龍の宿」!
しっとりとやわらかな肌触りの湯が
身体にばっちりと合う!!

『夢の吊り橋』をじっくりと旅したい場合は、
ぜひ宿泊も検討してみてくださいねッ👍


吊り橋の帰路にも楽しさいっぱい!

帰路の途中、あんな大きな石の落石がッ!?Σ(; ・`д・´)

・・・こんな大きな石が隣の崖から落ちてきたら
大怪我だけでは済まないかもッ!?

ほほう、昔ながらの電話ボックスを発見!

これは・・・雨天時の場合、
電話自体は濡れないだろうけど
電話かけてる人の方はずぶ濡れになりそうな
電話ボックスですなぁ・・・。
あ、そもそもボックスがないね(^_^;)

帰路からも素敵な夢の吊り橋を
眺める事が出来ました👍

本当に良い吊り橋です


ハイ!そんなワケで!
静岡の秘境のひとつ【寸又峡・夢の吊り橋】の旅!
いかがでしたでしょうか?

天候や時期によって、
今回の旅よりも
綺麗で神秘的な青に出会えるかもしれない
気まぐれな絶景スポットでありますが
だからこそ目指す価値がある!!

ぜひ皆さんも
さらなる絶景の青を目指して
旅してみてくださいねッ!(*^▽^*)

それでは!次回は新たなテーマの
記事でお会いしましょう!!👍





 


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP