中山道の宿場町【馬籠宿】へ行ってみた

馬籠宿の入り口の茶店01

江戸時代、中山道(江戸の日本橋と京都の三条大橋を結ぶ主要街道の一つ)の宿場六十九次のうちの

四十三番目の宿場町として栄えた「馬籠宿」

何故か坂道の途中に、屋敷がひたすら建てられているという

一風変わった宿場町でした(^_^;)

馬籠宿の坂道01

こんな感じになってますね。

この坂道は、まだまだ上へと続いています。


馬籠宿の駐車場の小屋

「馬籠宿」の駐車場のスミにポツンと建てられていた小屋。

昔の風情を感じたので、一応撮影してみました。

あっ、この時はまだ一眼レフカメラを買ってないので、高画質ではないですよ。(^_^;)

馬籠宿の売店01

入り口近くの茶店です。

名物の「五平餅」を食べました♪美味しかったです(*^▽^*)

え、その写真は?って・・・実は、ついうっかり撮るのを忘れて

食べ切ってしまいました。ゴメンナサイッ(>_<;)

「五平餅」とは、長野県の木曽地方などに伝わる郷土料理で、

粒が残るぐらいに半渇きにしたモチ米を、小判のようなカタチにして、

甘~い感じのタレをつけて串に付けて焼いたモノで、オヤツ感覚で食べられるモチです。

またどこかでゲットできたら、その時は撮影するようにしますね(^_^;)

中部地方では、結構知られている食べ物だと思います。


馬籠宿の道01

白めの石畳に、その両脇に昔ながらの屋敷が建っている・・・うん、風流ですねぇ(*^_^*)

実を言うと、この「馬籠宿」・・・明治時代と大正時代に大きな火災に遭って、

石畳以外は、ほぼ全焼してしまった!そうで、この写真に写っている古き町並みは

近代に再建されたモノだそうな。

近い時代に続けて2回も大火事に遭うなんて・・・どれだけ不運な宿場なのか。

まぁ、こうして復興していて何よりですね(*^ω^*)

馬籠宿の道02

うん、やっぱり坂になってるなぁ(笑)

僕はそこそこ足腰が強いので大丈夫でしたが、

年輩の方にはツライ坂かもしれませんね。

そこまで急ではないのですが、それなりに登っていくんで。

ちなみに、町全体で協力して馬籠宿の建物の保存をしているらしく、

すでに商売をやっていない屋敷もありますが、

取り壊されずに看板もそのまま出ている店もあるそうです(^_^;)


馬籠宿の水力発電小屋

「馬籠宿水力発電1号機」・・・だとッ!?

なるほど・・・急な坂から流れる水で、水力発電をしていたのか。

見る限り、そんな多くの水が流れている水車はなさそうなので、

昔の話なのかもしれませんね。

とりあえず、稼働していた水車を撮影して見ました

この水量では、たいして発電できなさそうなので、

おそらく観光スポットとして稼働させているのだと思います。

意外と発電できてたらゴメンナサイッ!(^_^;)


馬籠宿の坂道02

まだまだ続くよ、坂道は(笑)

っていうか、こんな坂の場所に、よく屋敷を建てられてますよね。

当時の大工さん達の頑張りが目に浮かびます(^_^;)

馬籠宿の道03

大きな屋敷もありますね。

お店自体は1階だけなので、2階は倉庫か宿になってたりするのかなぁ?

馬籠宿の大きな屋敷

こんなに大きな屋敷もありますね。

相変わらず坂道の途中に造られてたりする(^_^;)

お店ではなさそうなので、大きな宿屋かな。

もしそうなら、宿代のお値段は結構な額になりそうですね(*^ω^*)


え?古い町並みよりも、名物の「五平餅」が気になる?

そういう場合は、コチラでも購入できますよ。

「Amazon」を普段、メインで使用されている方は、コチラ。


五平餅お試しセット


そんでもって、「楽天」を普段、メインで使用されている方は、コチラ。

五平餅3本セット×3パック 合計9本 たれ付

どちらも「五平餅」で有名なお店の「ふるや」がお送りしてます。

その味に間違いはないので、よければ是非とも試してみてくださいね!!(*^▽^*)


【番外編】 真冬なので時季外れですが、

「馬籠宿」周辺にある「ホタルとメダカの里」へ、少し行ってみた

馬籠宿のホタルの里石碑

時季外れだと、わかっていたとしても!

チョットどんな感じか見てきました(^_^;)

馬籠宿のゲンジボタル説明看板

だって、写真の石碑と、この大型看板がヤケに気になったんだもん(^_^;)

馬籠宿のホタルの里の川

うん・・・やっぱりホタルもメダカも・・・探してみたけど、いなかったね。(・_・;)

一文字馬籠宿01一文字コメ01

時季外れの奇跡に賭けてみたのだ!

文乃馬籠宿01文乃コメ01

ぬおっ!たしかに、その通りだ。

真冬にホタルを呼ぶ奇跡を起こすぐらいならば、

他の事で奇跡を起こしたいですもんね!(笑)


まだ写真もそこそこあるので、

「馬籠宿」での旅は、

次の記事へ続きます!(^_^)v



 

中山道の宿場町【馬籠宿】へ行ってみた” に対して1件のコメントがあります。

  1. tarou より:

    こんにちは
    以前に行った時のことを思い出しながら
    楽しく拝見させて頂きました。

  2. tarou より:

    こんにちは
    馬篭宿には以前行ったことが有りますが、
    ブログの写真を見ながら楽しかったことを
    思い出しました。

    1. makoto-itimonji より:

      コメントありがとうございます☆
      返信遅れまして申し訳ないです。
      すごい数の英語コメントが大量に送られてきてて処理が大変(^_^;)
      以前の旅を思い出していただけて幸いです(*^▽^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です