【全国各地にある富士の異名を持つ山シリーズ】尾張富士に登ってみた

尾張富士の一眼の尾張富士全景01

 

愛知県の尾張地方にあるカタチの整った山です。

その三角おむすびのようなカタチで素敵な山だからか

この山には「尾張富士」という名前が付けられてます(^_^;)

この山本来の名前はウィキ先生でも記されておらず、

昔からずっと「尾張富士」と呼ばれてきたんでしょうね。


尾張富士の登山道1

この山に登ってみて驚いたのが、登山道に石碑がたくさん並べられているという事ッ!

事前に調査して行かなかったのがいけなかったのですが、元プロ野球選手で巨人軍で活躍し、

福岡ソフトバンクホークスで監督を務めた「王 貞治」さんが献上した石碑や、

往年の大横綱「千代の富士」さんが献上した石碑もあるそうです!!スゴイですね!Σ(・ω・ノ)ノ!

あー、バカバカ!俺のバカ!事前に調べて知っていれば、彼らの石碑を探す楽しみがあったというに!!

ミケミケ尾張富士のミケコメ01

うん、お前に言われたくはないけど、まったくもってその通りだね(^_^;)


尾張富士の登山道山道1

「尾張富士」標高が275メートルで、初心者でも簡単に登れる山と聞いていたので、

ずっと舗装された道路が続くのかと思いきや、さすがは山ですね、途中で山道になってきました。


尾張富士の石碑群

こんな感じに石碑が集まって並べられている場所もありました。

時間があれば、一つ一つ何が書かれているのか確かめるのも、

なかなか楽しいかもしれませんね(*^_^*)


尾張富士の野草1

この山には2月という真冬な時期に登ったのですが、

こんな野草がところどころに生い茂ってたので、撮影してみました。

真冬の寒さにも負けず、青々としてますね!!


尾張富士の竹藪

石碑や野草だけでなく、こんな竹藪もありました。

やっぱり竹は背が高いなぁ(*^_^*)


尾張富士の樹木1

細い樹木が多い中、ぶっとい樹木もあったので、思わずパシャリ。

うーん、年季が入ってますね。


さて、この「尾張富士」ですが・・・隠れネコスポットとしても有名なんです♪

繁殖すると、ネコの糞などが散乱して景観を損ないかねないので、

『野良猫へのエサやり禁止!』の看板があったりしますから、

エサを与えに行こう!と思っている人は、自重してくださいね

とはいえ、ここまでの道中、まったくネコを見かけない・・・(^_^;)

看板の効果があったのか、人間がいてもエサをくれないから、

野良猫が登山道に姿を現してくれないのか、

繁殖防止の効果があり、ネコの数が激減したのか・・・?

・・・いたッ!!

なんか木の実っぽいモノを食べてるね!

ようやくネコが見られて嬉しいです

だけど、このネコ・・・めっちゃ警戒心が強いッ!!

人と関わってイヤな目に遭ったか、ずっと山で暮らしていて人に慣れていないのか・・・(^_^;)

とにかく、せっかく木の実っぽいモノを食べてるところを邪魔してゴメンな(^ω^;)

強く、生きろよ!


尾張富士の狛犬

そんなこんなで、ようやく頂上へ着きました!!

標高275メートルぐらいならば、すぐかと思いきや、

平坦な道が多かったので、予想より時間がかかりました(^_^;)

それでも30分ぐらいで着いたとは思いますが。

足腰が悪い方や体力のない方でも1時間以内には登り切れると思います(*^_^*)

頂上では、神社でお馴染みの狛犬が出迎えてくれましたね。

今年は旅の最中に神社に行く事が多いので、

あちこちで狛犬さんには、よく会いますけどね(*^ω^*)


尾張富士の神社1

そこまで標高の高くない山だけど、頑張って登った先の神社ですので、

ご利益がありそうです!もちろんしっかりとお参りして来ました!


尾張と言えば、代表的な銘菓「味好み」!

合成着色料・保存料を一切使用せず、海の幸や山の幸を

自然素材のまま煎餅へと入れ込んだ尾張名古屋で有名な銘菓です!

エビやイカの姿焼きが煎餅へと入れ込まれており、素材の風味が活きています!

8種類の味が楽しめて、食べ切りサイズの1袋ずつ梱包されているので、

少し小腹が空いた時のオヤツにも適していますね!

年輩の方にも大好評の銘菓「味好み」お一ついかがですか?


尾張富士の一眼の尾張富士全景01

いよいよデジタル一眼レフにて、頂上からの景色を撮影!

・・・と、いきたいのですが、記事内の画像数も結構な数になったので、

次回の記事へと続きます!!

お楽しみにね



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です