【隠れた名所めぐり】「龍神」と「水神」が祀られている「三井山」散策

三井山の鳥居01

今回は偶然に発見した【隠れた名所】をご紹介します(*^_^*)

仕事の関係で岐阜へ出向いた時に、『その近くに東海地方では有名な桜の名所がある!』

と知人から聞いていたので、仕事完了後に散策してみると、

「新境川堤防」という桜の名所をGoogleマップにて発見!!

「新」って事は、ただの「境川」っていう川もどこかにあるのかな?(^_^;)

ここを訪れた時は、まだ3月上旬でしたので

当たり前のように桜が咲いているワケもなく、

仕方ないので、新境川にいたコイ、カモ、サギなどを見て帰りました(笑)

文乃三井山の文乃コメ01

・・・いやいや!桜が咲く時期になったら、

東海地方の桜めぐりをしようと思って、

下見のつもりで行ってみたんだよ!!(怒)

(後日、各地へ桜めぐりには行きましたが、

このスポットは行き遅れて、

もうほとんど散った後の夜桜しか撮影できなかった・・・トホホ)

ミケミケ三井山のミケコメ01

おお!そうだったな!(^_^;)

Googleマップでこの地方をよく調べてみると、

この「新境川堤防」周辺の「三井山」というスポットに「龍神神社」という名の神社がある事を発見!!

元・中二病的な僕は、「龍神」という単語に反応して興味が湧いてしまい、

次の休みに遠征してみることにしました!


三井山の公園石碑

そして遠征当日・・・ほうほう、ここは「三井山公園」というスポットなのか。

年季の入ってそうな石に文字が彫られている感じが神秘的で良いですね!

ここが隠れた名所な理由は・・・とりあえず駐車場が見つからなかった!(>_<)

もしかしたら、もっと探せばどこかにあったのかもしれないけど(^_^;)

仕方ないので、少し離れた場所に駐車して歩きました(笑)

三井山の手水舎01

おっ!やっぱり神社だけあって、「手水舎」がありますね!

以前の記事でも解説しましたが、「手水舎」は、「てみずや」「ちょうずや」等と読みます。

龍神が祀られている神社で、早速ですが手水舎で「龍の銅像」を発見できました!(*^_^*)

三井山の手水舎の龍01

うん、和風で良いカタチの「龍の銅像」です。


三井山の池と木橋01

おおっ!公園と神社が合体しているだけあって、

そこそこ広くて奥に池がありますね!

古びた木の橋も風流ですなぁ。


三井山の川のコイ01

池の浅いところにコイがたくさんいた!!(^_^;)

三井山の川のコイ02

コイは基本的に人間の事を、『地上からエサを放り投げてくれる生物』

みたいに思っているのか、近づいても逃げませんね(^_^;)

まぁ、おかげで至近距離の撮影ができたのですが(笑)


三井山の池のカメ01

なんかカメまでいたぁぁぁぁ!!Σ(・ω・ノ)ノ!

なんか必死に水面を泳いでいたので、

動画まで撮影してしまったぁぁぁぁ!!(笑)


三井山の鳥居と祠01

池の向こう側から見た祠。

あの木の柵は、池に落ちないようにする為の柵です。

三井山の鳥居と狛犬01

「龍神神社」・・・龍神様を守護しているのは「龍の像」ではなく「狛犬」か。

小さな神社で参拝客も、近くには僕しかいない分、神聖な感じがしましたね。

三井山の水神様の鳥居

こちらの祠は、水神が祀られている水神神社です。

水神様にも、しっかりお参りさせて頂きました。


三井山の柳

公園の奥で見つけた柳の木。

かなりの大きさだったので、思わずパシャリと撮影!


和風の極み!龍の描かれた扇子は如何か?


扇子 たっぷり 23cm 7.5寸 粋扇子 龍 天然 竹 & 扇子袋 付 Ryur

将棋や囲碁を嗜む方や、ウチワや扇風機では風流さが足りない!と思われている方に、

龍の描かれた扇子は如何かな?

天然の竹で作られており、黒の生地に見事な龍が描かれています。

この扇子で涼めば、風流さが増す事は間違いなかろうて!!


三井山の展望台01

帰り道から、「三井山」頂上付近の展望広場を撮影!

龍神と水神が祀られている三井山の旅、如何でしたでしょうか?

今後も、こういった隠れた名所を見つけて、

記事として紹介できると嬉しく思います(*^_^*)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です