【神戸・淡路・鳴門海峡の旅 Part10】東洋一のエスカレータを持つ「エスカヒル・鳴門」レポ! ~完結編~

鳴門7のエスカヒルのエスカレータ入り口

前回の記事から、チョット間隔が空いてしまいスミマセン(^_^;)

高低差34メートルを誇る東洋一のエスカレータを持つ「エスカヒル・鳴門」のレポ、

完結編です(*^_^*)


東洋一のエスカレータ、恐怖の光景!

鳴門8のエスカヒルのエスカレータ

怖ッ!?

すごい光景ですよね(;^ω^)

さすがは高低差34メートルッ!!


鳴門のおみやげといえば・・・やっぱり鳴門金時さつまいも!!

鳴門11の鳴門金時ケーキ

徳島県の鳴門の名産と言えば、さつまいもの鳴門金時!!

徳島県特有の暖かい気候と、質の良い砂地によって生産される

鳴門金時芋は、まさに絶品です!!

関西圏を中心に大人気ですね

 


徳島県独自のうどんブランド!?

鳴門10の鳴ちゅるうどん

香川県に対抗する為、徳島独自のうどんブランドを新しく誕生させたようですね。

その名も「鳴ちゅるうどん」(*^-^*)

ネーミングセンスは賛否両論でしょうが、

うどん自体は、細目で柔らかく、アッサリとした醤油味で美味しいですよ


徳島なのに、やっぱり香川県のポスターもあった!

鳴門12の徳島なのに香川県ポスター

・・・やっぱり隣の香川県推しのポスターもありました(^_^;)

「日本一(面積の)小さい『香川県』には、日本一うまい『さぬきうどん』がある」

・・・なんか涙が出そうになりました(T_T)

香川県の土地面積って、日本で一番小さかったんだ・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

おおまかに地図を自分で描いてみました👍

たしかに小っさ!!

でも、人口は47都道府県中39位だし、本州からも行きやすいし、

おまけに小豆島まで付いてるから、全然悲観する事ない素敵な県ですね(*^▽^*)

一文字エスカヒルの一文字コメ1

文乃エスカヒルの文乃コメ1

・・・だから、おおまかに!って言ったじゃないか(泣)


香川と言えば、やっぱり「さぬきうどん」!!

鳴門13の徳島だけど香川のさぬきうどん

あんな大きなポスターが頭上にあるぐらいだから、

やっぱり「さぬきうどん」エスカヒル・鳴門で販売してましたね(^_^;)

さぬきうどんと言えば、香川県の良質な小麦と塩を使用して、

小豆島(上の地図で香川県の右上にある小さな島)の名産である醤油や、

「イリコ」と呼ばれる上質な煮干しをダシにして作られた、

香川県民のソウルフードです!!


送料無料 2,002円! 純生讃岐うどん 12人前つゆ付き・ドーンと1.25kg!

さぬきうどんの美味しさの特徴といえば、

麺のコシですよね!

口に入れた時に、やわらかく感じるも噛んでみれば、

しっかりと弾力のある美味しい麺こそ、さぬきうどんの真骨頂です!

『まだ食べたことがない!!』という方は、

ぜひ一度試してみてくださいね(*^-^*)


やっぱりあった!徳島出身ししゃもねこ!!

鳴門9のししゃもねこポップ

以前の記事でも紹介しましたが、

徳島県出身のゆるキャラ「ししゃもねこ」グッズが

やっぱり売ってましたね(^_^;)

そのキャッチコピーは、「世界中に脱力系癒しを提供する」・・・そうです(笑)

 

もし、よかったら・・・おひとつどうぞ(*^_^*)


エスカヒル・鳴門から、渦の道へ向かう!

鳴門13-1の大鳴門橋を正面から撮影

ようやく展望台&お土産屋さんのエスカヒル・鳴門を後にして、

観潮スポットである「渦の道」へ向かいます!!

その途中で、大鳴門橋を正面から撮影できる歩道橋があったので

そこから撮影してみました👍

鳴門13-2の大鳴門橋の標識

途中で、大鳴門橋の標識も発見しました!

なんとなく記念に撮影(*’ω’*)

鳴門13-3の渦の道への途中で撮影した半島

違う方向を見てみると、徳島県側の半島がありました。

まだ少し霧がかかっており、なかなか神秘的ですね!


船に乗らなくても「うずしお」が見られるといわれる「渦の道」へ到着!!

鳴門14の渦の道入り口

ここが渦の道の入り口か。

「いらっしゃいませ」という文字が目立ちますね(^_^;)

木製の色で入り口の建物を統一しているのが

自然を感じられてイイですね

鳴門15の渦潮の見頃時間表

おおっ!ご親切にも「うずしお」が見られる見頃な時間を

毎日のように更新して表示してくれているんですね!Σ(・ω・ノ)ノ!

鳴門16の渦の道内部通路

「渦の道」の通路!

なかなか雰囲気がありますね(*^_^*)

鳴門19-1の渦の道の通路の金網から下の海を眺める

柵が写ってしまってますが、下の海岸を撮影してみました。

仲良く座って海を見ている人たちもいますね(*^_^*)


渦の道から見えた船たち

鳴門19-2の船二隻

やっぱり高所からだと、鳴門海峡をゆく船たちがよく見えます👍

鳴門19-3の漁船を撮影

お~、漁船も何隻か見かけました。

海なし県の方たちには、なかなか珍しいと思いますよ。

僕も生まれは海なし県でした(笑)

海のある県でも、港の近くに住んでないと、

漁船はなかなか見かけませんけどね(^_^;)

鳴門19-5のえんしゅう丸という船

おっ!さらに大きな漁船もいました!

船体に「えんしゅう丸」との表記が見えます。

日本独自の船の名前ですね(*^_^*)

鳴門19-4のうずしお観潮船

小型の遊覧船っぽい船もいました。

次の記事で紹介しますが、数時間後に「うずしお観潮船」として

まさかこの船に乗り込む事になるとは・・・面白い偶然でした(^_^)v


鳴門24のうずしお汽船の船

さて、今回の記事はこの辺で(*^_^*)

次回は、「渦の道」から「うずしお」はハッキリ見られるのかどうか!?

・・・の検証と、いよいよ「うずしお観潮船」である「うずしお汽船」

乗り込んで、間近から「うずしお」の観潮に挑戦しまっす!!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です