伝説の桜【根尾谷の淡墨桜】へ行ってみた!PART2

淡墨桜2のトップ

岐阜の根尾谷にある伝説の桜【淡墨桜】のレポート、

第二弾を行ってみたいと思います!!

ちなみに、前回の記事でも書いてますが、
ここを旅したのは去年の4月1日頃なので

4月19日現在の現在の淡墨桜の状態は、
ほぼ葉桜になってますので、あしからず(^_^;)


さっそく淡墨桜を見てみよう!

淡墨桜2の1-1

雲のない澄んだ空と山々を背景とした伝説の桜!

淡墨桜2の1-2

日本五大桜の中でも、トップクラスの大きさを誇る「根尾谷の淡墨桜」!

・・・え?他の大きな桜も知りたい?・・・ってか(^_^;)

現在は東海地方に在住している僕が、旅して訪れたのは

この「淡墨桜」だけなんで写真はないのですが、

・福島県の三春滝桜
・山梨県の山高神代桜
・岐阜県の淡墨桜

この3つの巨大桜を、
日本三巨桜もしくは日本三大桜
と呼ぶのですが、
この3つに加えて・・・

・静岡県の狩宿下馬桜
・埼玉県の石戸蒲桜

この2つの桜を加えて・・・日本五大桜!と呼びます(*^_^*)


淡墨桜2の1-3

うん?・・・よく見ると伝説の桜が二本!!

『どちらが古代に皇族がお植えになられた伝説の桜なの!?』

と思われる方もいるでしょうが、

写真の右下に写っている横に広く枝が伸びている方が
1500年以上の時を生きている、と語られている初代淡墨桜です!

しかし、二代目の淡墨桜も、元気に高く成長していて
とても奇麗ですよね!


根尾谷の弘法堂へ!

淡墨桜2の2-1

高台から淡墨桜を眺めていると、

メッチャ旗が立てられている道の先に、

小さな祠があるのを発見!

淡墨桜2の2-4

淡墨桜と一緒に、その祠を撮ってみました。

淡墨桜2の2-6

とりあえず、その祠に到着!!

なになに・・・「根尾第二番弘法堂」と木の札に書いてある!

第二番って事は、第一番の弘法堂もどこかにあるのかな?

淡墨桜2の2-5

途中の高台で見かけた看板。

「淡墨桜ナビ」と書いてあるが・・・
この頭がお花畑・・・じゃないか、
頭が花びらのキャラは!?

ナニナニ・・・岐阜県本巣市公式のゆるキャラ「もとまる君」
というキャラか(^_^;)

スマホで「もとまるナビ」というアプリをダウンロードして
この看板にかざせば、スマホから「もとまる君」が表示されて
いきなり話をし出すそうだ(笑)

僕は・・・旅の途中で時間がないので、
そのアプリを試しませんでした(^_^;)

興味のある方は、いつかやってみてくださいね


根尾谷から見える雪山「能郷白山」について!

淡墨桜2の2-2

途中でこんな旗を見つけました(*^_^*)

これは・・・「能郷白山開山祭」!

能郷白山とは・・・福井県と岐阜県の豪雪地帯にある
標高1,617mの山です。

冬季は常に雪が積もっている事が多いそうですね。

ちょうど、僕が愛知県の138タワーから撮影した
能郷白山の写真がありますので、
載せておきます👍

138タワーパーク2の展望デッキから能郷白山01

遠くから雪山の景色を撮るの・・・なんか好きなんだよなぁ(*^▽^*)


二代目の桜を見てみる!

淡墨桜2の3-4-1二世

桜の木の前には、木の立て札で「淡墨二世」

書かれた物が!!

淡墨桜2の3-4-2二世

十二分に立派な桜の木ですが、

初代のように、さらに大きくなってほしいですね!

数十年後には、さらに立派に成長した姿を魅せてくれるか!?


近くで初代の淡墨桜を見てみよう!

淡墨桜2の3-2

これが日本の桜の中でも最大級の大きさを誇る初代淡墨桜!

淡墨桜2の3-3

あまりの大きさに、花見客も驚いてますね(*^_^*)


淡墨桜のある根尾谷を旅する為の宿には!


  「淡墨の宿 住吉屋」が近くて便利かな(*^_^*)


この淡墨桜を表現した芸術作品!


吉岡浩太郎・爛漫/尾根の淡墨桜(うすずみざくら)(岐阜県)(絵画・版画)

1500年の時を生きる大樹「淡墨桜」を、

家族の健康と長寿を願って描かれた芸術作品です!


淡墨桜2の4-1

淡墨桜の奇麗さに、花見客たちも満足そう!👍

淡墨桜2の4-2


淡墨桜2の4-3


淡墨桜2の4-4

スマホで必死に桜の花びらを撮ろうとしている方がいますね(^_^;)

この見事な桜を、画像で残しておきたいのでしょう。


淡墨桜2のラスト

淡墨桜・・・如何だったでしょうか?

次回は、淡墨公園を一望できるという、さらなる展望台へ行き、

そこからさらに奥にある淡墨稲荷大明神の神社でお参りして、

真っ赤な吊り橋を渡った時の事を
記事にしようと思ってます👍

乞うご期待ください!(*^▽^*)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です