巨大発電施設【パナソニックソーラーアーク】という見学不可な巨大建築物の謎

ソーラーアーク正面01

コレは・・・まったくもってノーマークのスポットだったのですが、

前回の記事「墨俣一夜城跡」を旅した時に、堤防をクルマで走っていたのですが、

どうしてもこの建築物が目に付いて離れず、気になって仕方なかったので、

途中でクルマを停めたり、場所を移動したりして撮影してみました(笑)

ソーラーアーク正面右側01

一番上の写真だけだと、横にバカでかい壁みたいに見えますが、

これでもかつて稼働していた太陽光発電施設なんです。

そのバカ長い横幅に比べて、縦の幅は薄めなので、平ぺったく感じます(^_^;)


それで、このソーラーアークの大きさは

ソーラーアーク正面左側01

ソーラーアークの左端です。

畑近くの倉庫と大きさを比べてみると、

そのバカ長さがわかるかと思います(^ω^;)

ピンと来ない人の為に数字で表すと、

横幅の全長315メートル、地上からの高さが37メートルもありますΣ(・ω・ノ)ノ!


堤防の高所からソーラーアーク全体を撮影してみる

ソーラーアーク正面全体図01

カメラのズームアウトを使っても、ソーラーアークが長すぎて、

全体が写る撮影が出来なかったので、

場所を移動し、堤防の高所から撮影してみました!

さすが300メートル超えな施設だけありますな(^_^;)


バカ長いのはわかったが、そもそもこの建物は何なの!?

ソーラーアーク裏面全体図01

ソーラーアーク背面の全体図はこんな感じになってますね。

ソーラーパネルの使用枚数は5046枚だそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

どこからそんな枚数のパネルが出てきたか?・・・というと、

悲しい事情が裏にあったりします(T_T)

20年以上前の1990年代に、「三洋電機」という企業が販売していたソーラーパネルが、

発表していた仕様よりも出力が低いモノが大量に発生する!という事件が起こりました。

2000年に、問題のソーラーパネルが自主回収となり、

大量に余りまくったソーラーパネルは、再販売する事もできないので、

巨大な太陽光発電施設を岐阜県安八町に建設して、

発電に利用する事にしたのです!(^_^;)

それがこのソーラーアークというワケですね!!

ソーラーアークのロゴ01

ミケミケソーラーアークのミケコメ01

おう、イイところに気づいたな!

10年近く前の2009年に「パナソニック」「三洋電機」を買収したんです。

一文字ソーラーアークの一文字コメ01

それで、だ!!

そんな大きな声で言う事ではないだろう(^_^;)

なので、ちゃんとロゴも「SANYO」から「Panasonic」に変更された!

というワケですね。

それにしても、変更の工事とか大変だったろうな(^_^;)


安八町にあるのに、岐阜羽島のランドマークと言われるのは何故

ソーラーアーク裏面左側01

ソーラーアーク背面の左端をアップで撮影してみました!

ねっ、横幅に比べて、建物の厚さは薄っぺらいでしょ(笑)

この悲しき背景を背負った建築物ですが、

近隣の地方ではなく、遠くから名古屋や岐阜へ新幹線を利用して

来た人に、「岐阜羽島のランドマーク」と呼ばれたりします。

これは、何故か?

岐阜県は縦に広い県なのですが、新幹線が停まる駅は、「岐阜羽島駅」のみなんです(^_^;)

新幹線の滋賀県「米原駅」から岐阜の「岐阜羽島駅」の区間で、

岐阜羽島駅に着く前ぐらいに、

このバカでかいソーラーアークを、新幹線の窓から眺める事が出来ちゃうんです!

だから、安八町にあるけど「岐阜羽島のシンボル」と呼ばれたりするワケですね!!

安八町には、他に大きな建物がないので、高さ37メートルとはいえ、

周りの建物が低すぎて、ぶっちゃけ目立ちまくってます(笑)

新幹線で見た多くの方が、

『なんだ、あの巨大な黒い建物はッ!?Σ(・ω・ノ)ノ!』

と、驚いた事でしょう(*^_^*)


そんな目立つ建物なのに、見学不可

2009年7月までは、一般の方でも見学は出来たのですが、

現在は一般公開を休止しています。

ただ、学校の社会科見学など、

特別な団体さんの見学は受け付けている、とのウワサです(^_^;)

どうしても見学したい方は、

所属している企業やグループの代表と相談して、

見学の申し込みをしてみるとイイかもしれませんね!

一般公開時の見学は無料だったそうですが、

団体での見学の場合は、どうなんでしょうかね?

この施設ソーラーアークに対する意見は、

『三洋電機と共に、ソーラーアークは役目を終えたんだ・・・』

『まさにサンヨーの負の遺産である!』

等の悲観的なコメントも多いですが、

『きっとパナソニックが、内部をパワーアップさせて

一般公開を再開させてくれるはずだ!!

そうしたら、安八町にもっと観光客が来て潤うぜ!!』

といったようにポジティブな期待を込めた意見もあります。

ここは、パナソニックさんに期待したいところですね


太陽光発電だから電源コードや配線いらず!風鈴型ソーラーライト


[iitrust] 風鈴ライト ソーラー風鈴ライト ソーラーパネル搭載 防水 夜間自動点灯 自動変色 爆発星 D303-C-A5

太陽光発電で自動的に光る!風鈴型のソーラーライトです。

太陽光発電って、僕たちがわざわざ電源コンセントで充電する必要ないから便利ですよね!

風鈴自体が自力で充電してくれちゃいます

風鈴型ソーラーライト02昼と夜の違い写真

しかも、こんな小型なのにセンサーが内蔵されていて、

夜のように周りが暗くなると、自動的に点灯するから、電源をオンにしたりする手間もない!

ただし、曇りや雨の日のように、薄暗い感じだけど、

そんなに暗くない場合は、点灯してくれないので、あしからず(^ω^;)

ま、基本的には夜になると自動点灯します。

さらに、光の色が自動的に変わるシステムも内蔵されていて、

ワンパターンじゃないから、見ていて楽しいです

しっかり充電する為に、日中は陽の光が当たりやすい場所に設置してくださいね!

はじける星をイメージしたデザインで、

光ってない昼間でもオブジェとして、ちゃんと活用できますよ

屋内でも屋外でも、カンタンに設置できるタイプですので、

いろんな場所に設置して楽しめます!(*^_^*)

ソーラーアークのように大きくないですが、

このハイテクな風鈴も、立派な太陽光発電機器ですよね!


ソーラーアーク全体図のトリミング

大阪から名古屋に向けて新幹線で通る人や、

僕のように墨俣城跡を旅する為に、近くの堤防をクルマで走らせている人に

その大きさで驚かせてくれる、ワケあり太陽光発電施設ソーラーアーク!

またいつか一般公開される日を夢見て・・・。(*^_^*)





 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です