国内最高の高原のひとつと謳われる【上高地】を旅してみた!【田代橋~素晴らしき川と山々】

さて、【ドラクエウォーク】の記事を間に挟んで
しまいましたが(^_^;)
【上高地の旅】シリーズの記事の続きを
やっていきたいと思います。


圧倒的に奇麗な水の川!

薄い青に輝く川ッ!

なんか奇麗すぎて飲めそうな勢いだけど、
もちろん飲料水ではないので
飲まないでください!ダメだよ!(笑)


上高地の自然研究路をさらに往く!

上高地の大自然の中を歩いていきます!

自然研究路には、こんな風に
上高地について学べる看板が点在してます!

すべての看板を制覇して、
上高地博士を目指すのもイイですね!

え?僕?・・・たぶん全部の看板は
読んでない、と思うよ(^_^;)

エエッ!?別に『俺は上高地博士だッ!』なんて
言ってないだろ!!

でも、【上高地】は日本最高の高原と
謳われる地のひとつだから
博士になる価値はあるんじゃないか?

それぐらいに素晴らしい地ですよ(*^_^*)

おっとっと!おサルさんについての
看板も発見!!(*^▽^*)

ナニナニ・・・
「なるべく離れて観察しましょう」
「エサをあげないでください」
「目線を合わせないようにしましょう」

・・・離れて観察、エサをあげない、ならば
理解できるが、「サルと目線を合わせちゃいけない」・・・
なんて悲しい動物ウォッチング(^_^;)

まぁ、おサルさんは目線を合わせると
襲ってきたりする場合があるから
仕方ないルールではあるのですがねぇ(*^_^*)


上高地の田代橋!

おっ!なんか木々の間から橋が見えてきたぞ!

おおっ!まさに自然に囲まれた場所に
素敵な橋が見えてきました👍

ほう、これが地図に載ってた「田代橋」かぁ。

超有名な「河童橋」と比べると
小さくて人も少ないですが

自然研究路の途中にあるので、
こちらの橋の方が
静かにじっくり観察できます(*^_^*)

「田代橋」は自然の樹々に囲まれているので

「河童橋」よりもマイナスイオンをいっぱい浴びれそう(*^_^*)


青空に上高地の山々が映える!

この青空に大自然の森と山が映えるぜ!

こちらの方が高原の山々って感じがするかな(^_^;)

この写真は夏に撮ったモノなんですが
真夏でも残雪がある山々って
極限の地なんだなぁ、って思いましたね。


山だけじゃない!素晴らしき高原による川の光景!

緑に映える奇麗な色の川!

あ、せっかくの写真ですが
この一枚はスマホで撮ったので
上部に指が写っちゃってますね(笑)

それでも、感動的に奇麗な水の川でした

これは「田代橋」から先に進んで行くと

行き着いた「穂高橋」

地図にも載っている橋なのですが、
穂高連峰にちなんだ名がつけられている割には
小さめで人も少ない橋でした(^_^;)

この橋も大自然の中にあるので
素敵でしたけどねッ(*^_^*)


上高地の観光シーズンは11月15日まで!旅行するなら予約を急ごう!


上高地を旅する際には、
やっぱり上高地で最高の絶景と推す人も多い
「大正池」周辺がオススメ!

その大正池のほとりにたたずむ
「星降るホテル 上高地大正池ホテル」
ならば、大正池を拠点として
上高地を旅できるから
素晴らしい絶景に出会えるチャンスが
多くなりますよ👍

ぜひともお勧めしたい宿泊施設です!(*^▽^*)


上高地の青い空と緑の山地!

まさに『今、高原にいる!』といった感じの風景でした👍

おっ!大きなホテルも見えてきました(*^_^*)

こんな大自然の高原で宿泊したら、気持ちイイでしょうね

自然研究路の中で見つけた緑の葉っぱが連なって広がる
植物です(*^_^*)

なんとなく素敵に感じたので、一枚パシャリと撮りました(笑)

道を往く途中、遠くの山々を見渡したら

こんな奇妙な山々の風景がありました。

たくさんの山が重なり合ってるのかな?


うむッ!素晴らしき緑の大地と山々の光景なり!!


上高地の水と山々の風景をジグソーパズルで作り上げよう!

【あす楽】 EPO-10-799 日本の風景 穂高連峰と大正池-長野 1000ピース

価格:1,925円
(2019/10/28 09:11時点)


上高地の一生に残る絶景を!

自らの手で作り上げたジグソーパズル

リビングや自室に飾ってみよう!

この芸術品れば、家を訪れた友人たちも

感心することでしょう!


上高地の素晴らしき絶景の数々・・・
いかがでしたでしょうか?

当然ですが、現地で見ると、
さらに素晴らしい感動が待っていますよ👍

それでは、また次回の記事でお会いしましょう(*^▽^*)

See You Again!!





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です