【ひるがの高原・牧歌の里】ウインターシーズン・レポートPART1

昨年・・・初冬に岐阜の雪国を
旅してきました(*^_^*)

この時に旅した岐阜県は、美濃地方と飛騨地方に
ざっくりと分かれているようで

この【ひるがの高原・牧歌の里】は、
その中間ぐらいに位置する場所にあり
どちらかと言うと、冬は飛騨地方のように
豪雪地帯になる・・・らしい(^_^;)

そんなワケで、雪が少ない年でも
ここへ行けば、上の写真のように
雪国の光景が拝めます(笑)


これが雪国!


まさに雪国!
一面に白い雪が積もってます!


牧歌の里の入り口

木製の素敵な入り口です。
まぁ、奥は金属製っぽいけど(笑)

何故か通路にカッコイイ感じの
スノーモービルが置いてある(^_^;)

通路を進んで、建物内に入ると・・・
階段の前に、大きなスノーマンのソフビ人形が!

1階の売店の光景。
結構広くて綺麗だったので
驚きました(*^▽^*)


扉を開くと、そこは雪国だった・・・!


雪の中の教会、素敵な光景ですね



白く輝く雪原の光景でした(*^_^*)


牧場内を汽車が走る!

おっ!牧場内の道を
小さな汽車が走ってました。

まぁ、よく見ると汽車のような見た目をした
小型自動車で、走るというよりかは
原付よりも遅いスピードで
ゆったり走ってる感じだけどさ(;^ω^)


ご自宅でも小さなお子様に汽車の楽しみを!汽笛が鳴る!乗れる!「森の汽車ポッポ」!


日本製 汽笛が鳴る 乗れる 「森の汽車ポッポ」手押し車

幼いお子様にオススメの木製汽車の
手押し車型玩具です👍

しかも汽車のカタチをしているだけでなく
動かすと汽車の汽笛が鳴る工夫がされており
見た目と音で汽車の醍醐味を楽しめます!!


牧場公園の素敵なオブジェ。

ヨーロッパ風のオブジェですねぇ(*^_^*)

望遠撮影にて、牧歌の里から見える
ひるがの高原のスキー場を
撮影してみました(*^_^*)


いよいよ牧場の動物たちを撮影!

牧場といえば、ウシかウマを
思い浮かべちゃいますよね

そんなワケで、ウシさん達を発見したので
激写してみました(*^_^*)

笑顔のヤギさんを真正面から撮影!
笑顔がニヒルなカンジでイイケド、
なんか生きた迫力があって
少し怖さも感じさせます!

毛皮がモッフモフで触ると
フッワフワしそうなヒツジさんもいました👍

おっ!お馬さんも厩舎にいました

クビだけ窓から出していて
なんか可哀そうな気もしますが
定期的に専用の運動場を走らせたりして
ストレス解消はさせてもらえているようです。

何でだよッ!?Σ(゚д゚)
暴力反対ッ!!(怒)

そんなネコもどきは放っておいて、
実際にお馬さんを走らせていた場面にも
出くわしたので、撮影してきましたよ👍

お馬さんが小さな運動場をゆっくり駆け回る!


お馬さんと一緒に少し動いたりしてたので
飼育員さんの顔のモザイク処理が

意外と大変だったかな(笑)


「牧歌の里」の黒いジャイアント・ラビット


「牧歌の里」には、ウサギさんもいました(*^▽^*)

ジャイアント・ラビットという種らしいですが
ジャイアントなんて名がついているけど
そんなに大きくはなかったよ(^_^;)

何故か名前が「くりちゃん」みたいです(^_^;)

毛色は黒いし、何故に「くりちゃん」?
・・・と思ったけど、
気にしないでおこう(笑)

もちろん白っぽいウサギさんもいました


今回もかなりの写真を紹介しちゃいましたので
続きは次回の記事にて!

次回は、南米の人気動物「アルパカ」さんが
登場します!!

どうぞお楽しみにッ!(*^▽^*)





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です