「ツインアーチ138」展望デッキから、遠くの山々を撮ってみた!

今回は、この塔の円形部分・・・展望デッキの階ですね。

そこから眺める事の出来る遠くの山々を一眼レフで撮影してみました。


「ツインアーチ138」から「御嶽山」を望む!

138タワーパーク2の展望デッキから御嶽山01

まずは・・・一番大きくハッキリと見えるのは、標高3,067メートルという高さを誇る「御嶽山」

標高3,000メートルを超える山の中では、日本国内で最も西に存在するというから驚きだ!Σ(・ω・ノ)ノ!

所在地は、長野県と岐阜県の狭間にそびえ立っています。

文乃ツインアーチ2の文乃コメ01

長野や岐阜は中部地方だから、西日本と東日本の間の地方だからな。

この辺に住んでいる人たちは知ってる事ですが、

甲信越地方 ⇒ 山梨県、長野県、新潟県

中部地方 ⇒ 長野県、岐阜県、愛知県、静岡県、三重県、福井県、富山県、新潟県、石川県、山梨県

という地理上の分類があったりしますが、

中部地方には、三重県や山梨県を含まなかったりする場合があったり、滋賀県まで含める場合があったりと、

地域や教わった書籍の違いにより、定義があいまいなところがあったりします(^_^;)


「ツインアーチ138」から「能郷白山」を望む!

138タワーパーク2の展望デッキから能郷白山01

次に目立つのは、この「能郷白山」ですかね。

この取材は3月なので、まだ雪山の状態ですね。

標高は1,617メートルと、御嶽山に比べればかなり低めですが、

山が連なっているので、大きく見えたりしますよね(^_^;)

この能郷白山も、福井県と岐阜県の狭間にあります。

このように県境って、大きな山地によって区切られている場合が多いですね。


「ツインアーチ」から「尾張富士」を望む!

138タワーパーク2の展望デッキから尾張富士01

おおっ!以前の記事で紹介した「尾張富士」が見えますね!(*^_^*)

標高275メートルと、かなり低い山ですが、

この「おむすび山」のように整ったカタチなのと、

周りに目立つ高い山がなくて、低くても十分に目立っている山である為、

「富士山」にちなんだ「尾張富士」という名を冠しているのでしょうね!


「ツインアーチ」から「岐阜のビル群」を望む!

138タワーパーク2の展望デッキから岐阜市の街並み

愛知県一宮市にある「ツインアーチ138」ですが、

名古屋のビル群よりも、隣の県である岐阜市のビル群の方が見えやすかったりします(^_^;)

一宮市は、愛知県でも北西の方にあるので、実は岐阜県との県境なんですよね。

いつかまた岐阜を旅した時に、あのビル群の展望デッキにも上がってみたいですね!!


「ツインアーチ」から「恵那山」を望む!

138タワーパーク2の展望デッキから恵那山01

この山も以前の記事で紹介した山ですね。

あの「恵那山」です。・・・って、今回も頂上が曇ってやがるッ!?

何だろ?恵那山って頂上付近が曇りやすいのかな(笑)


「ツインアーチ138」から「伊吹山」を望む!

138タワーパーク2の展望デッキから伊吹山01

またまた以前の記事で紹介した山だね(^_^;)

あの「伊吹山」です!

へぇ~、遠くから見るとこんな感じの山だったんですね!!

こうして考えると、『中部地方のいろんな場所を旅したんだなぁ~』

と感傷に浸ってしまいそうです(笑)

伊吹山に本格的な登山をしてみたい方や、山頂付近までクルマで乗りつけて家族でハイキングしたい方には!

伊吹山案内 登山と山麓ウオーキング/草川啓三【1000円以上送料無料】

価格:2,052円
(2018/5/4 21:26時点)
感想(0件)

この一冊で、予習してみてくださいね


138タワーパーク2のツインアーチ外観02

さて、「138タワーパーク」再び!

・・・ってな感じで、記事を書かせて頂きましたが、

如何でしたでしょうか?

みんなも、展望スポットに登ったならば、

そこから見える素敵な山々を眺めてみてくださいね!

きっと自然の偉大さを感じると思います!(*^▽^*)





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です